和装前撮り総合ガイド【東京版】

和装前撮り総合ガイド 東京版

東京で最高の瞬間をおさめよう!和装の前撮り撮影の手引き

東京装苑

離宮苑

[撮影料金]9,800円~

詳細はこちら

スタジオAQUA

スタジオAQUA

[撮影料金]7,000円~

詳細はこちら

ワタベウェディング

ワタベウェディング

[撮影料金]38,000円~

詳細はこちら

HOME » 人気の場所はどこ?和装前撮りスポットベスト10 » 【東京版】和装の前撮り人気スポットベスト10

【東京版】和装の前撮り人気スポットベスト10

東京で和装の前撮りをするならココ!東京でも特に人気の高い和装前撮りスポットについてご紹介しています。

東京の定番人気スポット! 浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園は徳川将軍家の庭園で、明治維新後には皇室の離宮として利用されていました。池にはお伝い橋が架かっていて、和の風情漂う茶屋と静かな池をバックにした純和風の写真も残せますが、菜の花やコスモスなど、四季折々の花が植えられた花畑もおすすめです。

浜離宮恩賜庭園での和装前撮り

引用元:東京装苑公式
http://www.tokyosouen.com/hamarikyu_gallery.html

夏から秋にかけてはオレンジのマリーゴールドが辺り一面を覆いつくした風景の中で撮影することができます。緑とオレンジのコントラストを活かしたロケーションは、新婦の白無垢も、新郎の紋付き袴の色合いを際立たせることができるので、完成度の高い1枚になるでしょう。

浜離宮恩賜庭園での和装前撮り

引用元:ウエディングストーリー公式
http://www.annes-garden.jp/weddingstory/gallery-hamarikyu/

園内にある”潮入りの池”のほとりは絶好の撮影ポイントの1つ。写真奥に見える御茶屋の建物によって一層の和を醸し出しており、和装ロケーションの醍醐味を演出することが可能です。手前には桜も植栽されているので、季節によってまた違った色を加えることができるのも、人気撮影ポイントの理由として挙げられます。

浜離宮恩賜庭園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

秋のシーズンは情緒溢れる落葉と、色鮮やかな紅葉の中でワンシーンを収めることができます。園内にはキンモクセイの植栽ポイントもあるので、オーソドックスな紅葉ではなくオレンジの花色で甘い香りに包まれ、風光明媚な1枚を仕上げることができますよ。明るい色の和装に、番傘や髪飾りのアクセントカラーをコーディネートすると、写真全体にまとまりを持たせてくれます。

浜離宮恩賜庭園での和装前撮り体験者からの口コミ

  • 中はとても広くて、都会のオアシスのような庭園でした。オレンジ色のコスモスがたくさん咲いていたので、白無垢によく映えて華やかな写真が撮れました。
  • のんびりできて落ち着ける空間でした。そのせいか、前撮りの撮影でも全く緊張せず、良い写真が残せたと思います。芝生や花畑もあって、バリエーション豊かな撮影ができますよ!

浜離宮恩賜庭園のアクセス

  • 東京都中央区浜離宮庭園1-1
  • 首都高速都心環状線「汐留JCT」からすぐ
  • 都営地下鉄大江戸線「汐留駅」から徒歩5分

四季の花々が和装を引き立てる人気スポット 旧安田庭園

元禄年間に建造された旧安田庭園は、和装のイメージにぴったりな回遊式庭園です。美しい日本の植物に囲まれたこの庭園では、赤色の振袖が良く映えます。しっとりと落ち着いたロケーションでの撮影が行えるため、和装前撮りでは第一候補に挙がるほどのスポットです。

旧安田庭園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

深緑は風景を彩るだけでなく、手前の木々との前後関係をうまく使うことでその空間に立体感を作り出すことができます。作り出した立体感によって、ふたりが立っているだけの空間でも、周りの緑の息遣いを感じさせる1枚に仕上がっています。

旧安田庭園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

同じ季節に撮影していても、日の差し具合によって大きく色を変える旧安田庭園。生い茂る濃い緑のロケーションの一方で、日の光が差し込めば春の訪れのような空間を作り出します。カメラマンによる背景をぼかす技術は、明確な季節を感じさせない切り取り方も可能。季節にとらわれない1枚に仕上げることができるでしょう。

旧安田庭園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

林道が設けられた園内は、和装で歩くだけで非日常のワンシーンが出来上がり、ふたりの思い出の瞬間を収めることが可能。さらに旧安田庭園は入場料無料なので、手軽に現在の木々の状態を確認しに行ったり、お気に入りの撮影ポイントを探したりすることもできます。季節に応じて好みのロケーションをもとに前撮り本番に臨みましょう。

旧安田庭園での和装前撮り体験者からの口コミ

  • よく手入れされていてとても綺麗な庭園でした。こんなに落ち着ける場所なのに人はあまりいなくて、好きな場所でゆっくりと撮影できたのが良かったです。
  • 庭園内は思ったよりも広くありませんでしたが、どの景色をとっても和装に最適です!池や灯篭があって、純和風の写真を残したい方にはかなりおすすめのスポットだと思いますよ。

旧安田庭園のアクセス

  • 東京都墨田区横網1-12-1
  • JR総武線「両国駅」西口より徒歩5分
  • 都営地下鉄大江戸線「両国駅」より徒歩7分

雰囲気バッチリの東屋の前撮り撮影も可能 大田黒公園

東屋や茶屋など家屋内で撮影することもできるので、バリエーション豊かな前撮りが行えます。もちろん庭園内の植物も種類豊富で、樹齢100年を超えるイチョウ並木や季節の花々も。秋には紅葉のライトアップが行われるので、夜の撮影スポットとしてもおすすめです。

大田黒公園<での和装前撮り

引用元:華雅苑公式
http://www.kagaenn.com/shop/asagaya/

園内にある茶室は和の装いをもった建造物なので、和装のロケーションを一層引き立たせてくれます。茶屋施設以外にも林道の脇を流れる小さな流れは池に通じており、深山の雰囲気を漂わせてくれるでしょう。東京にいながら都会とは切り離された1枚を取り収めるならおすすめのスポットです。

大田黒公園<での和装前撮り

引用元:華雅苑公式
http://www.tokyosouen.com/hamarikyu_gallery.html

階段を使ってしたから撮影したアングルで立体感をもたらすことで、ふたりの進むべき行く先をあらわしたような1枚に収めています。前撮りは単なる記念撮影ではなく、ふたりの将来をあらわすといったようなテーマを持たせることで、一層想い入れのある写真に仕上がります。アングルやロケーションの選択は、カメラマンとも相談してみるといいでしょう。

大田黒公園<での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

正門から続くイチョウ並木は大田黒公園の中でも絶好の撮影スポットです。春から夏にかけては、濃い緑色が木漏れ日によって黄緑色を作り出します。秋になればイチョウの黄色い葉によって、違った情景を描き出すでしょう。園内の林道には春になると赤・ピンク・白色のツツジが生い茂り、緑色のアクセントとしてさらに華やかな演出をしてくれます。

太田黒公園での和装前撮り体験者からの口コミ

  • 撮影した日はお天気も良かったので、どの景色をバックにしても絵になる写真が撮れました!最初は少し緊張しましたが、落ち着いた雰囲気で終盤ではすっかりリラックスできましたよ。
  • 木漏れ日がキラキラと差し込んでいて、うっとりしてしまうような景色です。純和風の庭園も魅力的ですが、茶屋や洋館もあるので、いろんな写真を撮ることができました。

太田黒公園のアクセス

  • 東京都杉並区荻窪3-33-12
  • JR、東京メトロ丸ノ内線「萩窪駅」南口より徒歩10分

滝もある回遊式庭園で、季節感をまとった和装前撮りを 花畑記念庭園

東屋や雪見灯篭が日本庭園らしいイメージを添えますが、他の庭園と少し違うところは、滝がある池泉廻遊式だということ。都心部に位置していながら、高さ4メートルの滝をバックに撮影できるスポットは少ないので、オリジナリティ溢れる和装写真を残したい方にぴったりです。

花畑記念庭園での桜の前で撮った和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

ソメイヨシノは園内に100本以上植栽されており、白を基調とした薄ピンクの花びらが印象的な桜。赤色やピンクといった新婦が好む和装の色に重なることなく、おふたりだけの空間を演出してくれます。ソメイヨシノの「純潔」という花言葉は、新しい門出を歩みだすおふたりにピッタリの言葉ではないでしょうか。

花畑記念庭園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

秋の紅葉シーズンになると真っ赤に染まったもみじを背景に、写真を収めることができます。園内の中央部分は堀から流れる水によって湖ができており、その水面に映し出された木々は、さらに風景の1つの色づきに変えてくれるでしょう。湖のほとりには水流なだらかな大滝があり、その目の前で写真を収めることも可能です。

花畑記念庭園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

園内を見渡せる位置にある四阿(あずまや)を撮影ポイントに置けば、湖の対岸にある芝山や岬灯籠を背景に撮影することができます。広い景観をとらえることができるので、それぞれで違う木々の色付きも、風情の1つとして収めることができるでしょう。四阿を通った先には端が掛かっており、そこも撮影ポイントとしておすすめです。

花畑記念庭園での和装前撮り体験者からの口コミ

  • 都内にこんなに綺麗な庭園があるなんて思いませんでした!少しアクセスは悪かったですが、中は広くて手入れが行き届いていましたし、滝を背景にした写真はすごい迫力です。ここで撮影できて良かったです。
  • とても静かな庭園で、都心にいることを忘れてしまいそうな場所です。人もそれほど多くなかったので、希望通りの場所で撮影できました。撮影を抜きにしてもまた行きたいくらいですね。

花畑記念庭園のアクセス

  • 足立区花畑四丁目40番1号
  • JR東武線「竹の塚駅」東口から東武バス(花畑団地行)「団地入口」停留所下車

人力車での撮影も! 浅草周辺

浅草周辺は和装前撮りに最適なスポットの宝庫。浅草寺の雷門や東京スカイツリー、浅草の街並みを背景に撮影をすれば、気取らない和装前撮りが行えます。また、人力車を使った撮影では、まるで江戸時代のお姫様のような写真が残せるでしょう。

浅草雷門前での人力車に乗った和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

浅草寺のシンボルとも言える大提灯を背景にしたロケーションは、人気の撮影ポイントの1つ。白無垢・紋付き袴との相性もバッチリで、より和の情景をあらわしたフレームが出来上がります。観光客からの祝福ムードも相まって良い1枚が生まれそうですね。

浅草周辺での人力車に乗った和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

人力車に乗って下町の風情を感じながら行うロケーションは、自然とおふたりの会話も弾むので、より自然体なシーンを切り取ることができるでしょう。

浅草演芸ホール前での人力車に乗った和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/location/jinrikisha/

和装を着用すると動きづらいので、ロケーションによっては冊艇が大変なことも。人力車で移動するので和装を汚す心配もなく、さまざまな場所を背景にして撮影できるのも魅力の1つ。

浅草周辺での和装前撮り体験者からの口コミ

  • 人力車に乗った撮影は正直少し恥ずかしかったのですが…一味違った前撮り写真を残すことができました。しっとりとした純和風の写真も良いですが、浅草での撮影もおもしろいですよ!
  • 撮影を見て「おめでとう!」と声を掛けてくださる方も多く、恥ずかしいながらもほっこりとした気分になれました。街中は賑やかで、和装ですが活気ある写真になったと思います。

浅草へのアクセス

  • 東京都台東区浅草2丁目3-1(浅草寺)
  • 都営地下鉄浅草線、東京メトロ銀座線「浅草駅」A4 出口より徒歩5分

竹林や紅葉をバックに風情のある一枚を!蘆花恒春園

蘆花恒春園は明治・大正の文豪として知られる徳冨蘆花とその夫人が後半生を過ごした家と庭、さらに夫妻の墓地を中心とした旧邸地部分とその周辺一帯を買収して作られた大型公園です。開園面積は8万平方メートル以上あり、そこかしこに花や木などの植物が目立つ自然豊かな憩いの場として知られています。

蘆花恒春園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

中でも見所は、蘆花が園内に植えた孟宗竹の林。美しく整備された竹林を背景にした和装ロケーション撮影は非常に人気が高く、東京都内の中でも有数の前撮りスポットとなっています。竹の緑にはあでやかな色打掛がよく映え、和装の魅力を十分に引き立ててくれます。竹林の間からは木漏れ日が差し、暗くなりすぎない落ち着いた一枚に仕上げられるのもポイントです。

蘆花恒春園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

竹林は一年中楽しめますが、春なら梅や桜の前で撮影するのもおすすめ。道を挟んで両側に梅の木があるので、新郎新婦を中央に据えてやや下から撮影すれば、空いっぱいに梅の花が咲き誇る印象的なワンシーンの出来上がりです。

蘆花恒春園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

園内には木がたくさん植えられており、夏は新緑が美しい季節となります。涼しげな新緑は柔らかな印象を与えつつ、新郎新婦の和装を際立たせてくれるので、衣装を選ばずに撮影できるところがメリットです。

蘆花恒春園での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

秋なら真っ赤に色づいた紅葉をバックに撮影するのもOK。和の象徴である紅葉は和装や番傘と相性ばっちりで、一目見ただけで心惹かれるインパクトある写真を撮影できます。紅葉を少しぼかして新郎新婦にフォーカスしても存在感が失われないので、全体的に華やか写真を撮影することができるでしょう。紅葉スポットはあちこちにあるため、紅葉のみの撮影はもちろん、ほどよく緑を取り入れた撮影など、さまざまなバリエーションの紅葉ショットを撮れるところが魅力です。

蘆花恒春園での和装前撮り体験者からの口コミ

  • 秋の終わりに和装で前撮り撮影しました。少し紅葉が残っていたし、竹林もあって風情のある素敵な場所でした。
  • 都内ではめずらしい竹林で撮影できます。園内にある日本家屋は文化財に指定されているということで中には入れませんが、外の廊下をうまく使った構図でドラマチックなワンショットを撮影できました。

蘆花恒春園のアクセス

  • 東京都世田谷区粕谷一丁目
  • 京王線「芦花公園」または「八幡山」下車してから徒歩15分
  • 京王線「千歳烏山」、小田急線「千歳船橋」間のバス(京王バス)で、「芦花恒春園」下車してから徒歩7分

趣のある書院での撮影もできるスポット 東京国立博物館

日本をはじめ、東洋諸地域の文化財を収集・保管している国内最古の博物館。博物館裏には広々とした庭園があり、さまざまなテーマでの撮影が可能。屋外ロケーションならではの大スケールで撮影を行えるところが特徴です。庭園は春と秋の年2回公開されており、期間中は庭園を自由に散策できます。もちろん前撮りもOKで、四季折々の花や紅葉に彩られた庭園のうち、好きなスポットで撮影します。

東京国立博物館での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

春は桜が咲き誇り、ピンクの花と白無垢がマッチして愛らしい雰囲気に。撮影場所によっては緑も入れることができ、きれいなコントラストを楽しめますよ。桜も緑も淡い色合いなので、鮮やかな色打ち掛けを着ても派手になりすぎず、背景に自然となじんだやさしい雰囲気のワンシーンを演出できるでしょう。

東京国立博物館での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

庭園には元寺院の書院である「応挙館」が。こちらを背景にした写真も人気です。周囲は緑に囲まれており、書院をバックにしたロケーションは都内とは思えません。和装で撮影すればまるでタイムスリップしたかのような雰囲気を味わえます。

東京国立博物館での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

書院は外側からの撮影だけでなく、室内からの撮影もOK。床張付やふすまなどには円山応挙のものと伝えられる墨画の複製画が描かれており、情緒豊かなワンショットを演出します。中は18畳2室と広いので、屋内でありながら奥行きを感じられる立体的な写真も撮影できます。

東京国立博物館での和装前撮り

引用元:スタジオアクア公式
https://www.studio-aqua.jp/spot/waso.php

こちらは応挙館の周囲をめぐる廻廊下。存在感のある応挙館をフレームいっぱいに収めれば、インパクト抜群の写真に仕上がります。あえて新郎新婦の距離を取り、左右対称の位置に立たせることで応挙館とのバランスが良い一枚に。一風変わったアングルで撮影ができるのも応挙館の魅力と言えるでしょう。

東京国立博物館での和装前撮り体験者からの口コミ

  • 博物館の中にとても素敵な壁がありました。その前に据えられたソファで撮影したのですが、和装との相性が抜群で、和モダンな雰囲気の写真を撮影できました。

東京国立博物館のアクセス

  • 東京都台東区上野公園13-9
  • JR「上野駅」公園口、または「鶯谷駅」南口下車してから徒歩10分
  • 東京メトロ 銀座線・日比谷線「上野駅」、千代田線「根津駅」下車してから徒歩15分
  • 京成電鉄「京成上野駅」下車してから徒歩15分
  • 台東区循環バス東西めぐりんで「上野駅・上野公園」バス停から乗車し、1つ目のバス停が「東京国立博物館前」(所要時間2分)。

池のほとり撮影できる日本庭園 肥後細川庭園

目白台の関口大地の豊かな自然景観を活かした日本庭園です。大きな池を中心に配する池泉回遊式庭園の中でも代表的な存在で、撮影スポットとしては屋内外の撮影に対応しており、多種多様なロケーション撮影ができると注目されています。

肥後細川庭園での和装前撮り

引用元:華雅苑公式
https://www.kagaenn.com/shop/higashinakano/index.html

肥後細川庭園と言えば、やはり池周辺での撮影が人気。石造りの橋の上には豊かな緑が生い茂り、歴史を感じさせる一枚に仕上がります。池には地上の映像が鏡のように映し出され、一風変わった写真を撮影できるところも他にはないポイントです。

肥後細川庭園での和装前撮り

引用元:華雅苑公式
https://www.kagaenn.com/shop/higashinakano/index.html

公園の出入口にはどっしりした門構えが。昔ながらの瓦葺き屋根と、木製の門が歴史を感じさせます。門を通るとすぐ小道が続いており、その後ろには豊かな緑が。入口は大きく開け放たれているので、門の左右に新郎新婦を配すれば、奥行きのある写真を撮影できます。

肥後細川庭園での和装前撮り

引用元:華雅苑公式
https://www.kagaenn.com/shop/higashinakano/index.html

こちらも池のほとりでのワンシーン。石灯籠や松がバックに入っていて、和の雰囲気を醸し出しています。緑が多いので鮮やかな色の打ち掛けや番傘がほどよいアクセントになっています。衣装や小物をより際立たせたい人には絶好のロケーションと言えるでしょう。

肥後細川庭園での和装前撮り

引用元:華雅苑公式
https://www.kagaenn.com/shop/higashinakano/index.html

庭園内にあるお座敷も格好の前撮りスポットのひとつ。かしこまった姿勢での撮影もよし。画像のように畳に脚を崩して座り、ゆったりした姿勢で撮影するのもよし。思い思いのポーズで撮影しやすいロケーションとなっています。広々とした窓の外には雄大な自然が広がっていて、屋内で撮影しても狭苦しい印象を与えません。外からの光が室内にほどよい影を作り、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

肥後細川庭園での和装前撮り体験者からの口コミ

  • こちらの庭園では屋外だけでなく、和室での撮影もできます。いろいろなバリエーションで写真が残せるところがいいですね。

肥後細川庭園のアクセス

  • 東京都文京区目白台1-1-22
  • 東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」下車してから徒歩15分
  • 都電荒川線「早稲田駅」下車してから徒歩5分
  • B−ぐる「目白台一丁目」下車してから徒歩5分
  • 都営バス「早稲田」下車してから徒歩5分
  • 都営バス「ホテル椿山荘東京前」下車してから徒歩7分

豪華絢爛な写真を撮影したいならホテル雅叙園がおすすめ

創業者である細川力蔵氏が東京・芝浦にあった自宅を改築して設立した純日本式料亭「芝浦雅叙園」をルーツとした歴史と伝統あるホテル。1931年には現在の目黒に移転し、すばらしい料理を提供するとともに、お客様に目でも楽しんでもらえるようにとさまざまな芸術家たちに壁画や天井が、彫刻を作らせ、豪華な装飾を施しました。その豪華絢爛さは「東洋一の美術の殿堂」「昭和の竜宮城」とも呼ばれており、多くの人から愛されています。

ホテル雅叙園での和装前撮り

引用元:Photorait公式
https://www.photorait.net/studio/200499/photo?category=3255

天井から壁に至るまでびっしりと絵が描かれているこちらはなんと和室玄関。広々としたスペースに緻密な天井画、壁画が描き込まれた様子は圧巻のひと言です。ホテル雅叙園では宴会場にたどり着くまでの間にお客様が退屈しないようにとの配慮から、玄関や廊下にもこのような豪華な画が描かれています。ゴージャスな一枚画をぜひ撮影したい!というカップルにおすすめのロケーションと言えるでしょう。

ホテル雅叙園での和装前撮り

引用元:Photorait公式
https://www.photorait.net/studio/200499/photo?category=3255

こちらは東京都指定有形文化財である木造建築「百段階段」のうちの一部屋の「漁樵の間」。室内全体が純金箔、純金泥、純金砂子で仕上げられており、見る人を圧倒します。周囲は彩色木彫と日本画に囲まれており、360度どこを見ても隙のない美しさ。絢爛豪華な一室にあって、白無垢はひときわ輝き、その純白さを最大限に引き出してくれます。

ホテル雅叙園での和装前撮り

引用元:Photorait公式
https://www.photorait.net/studio/200499/photo?category=3255

ホテル雅叙園の庭園には、なんと人工の滝があります。池の上の橋を渡れば目の前まで移動することができ、フレームいっぱいに滝を映した状態で撮影が可能です。周囲は緑も豊かで、とても涼しげな雰囲気。白無垢はもちろんですが、真っ赤な打ち掛けなど色鮮やかな衣装も映えるので、和装の種類を選ばずに撮影できる万能スポットと言えます。

ホテル雅叙園での和装前撮り体験者からの口コミ

  • 漁樵の間で前撮りしました。天井から壁まですべて金ぴか。柱の彫刻には色が塗ってあってとても鮮やかでした。ホテル雅叙園の中でも一番豪華な部屋で圧倒されました。
  • 滝の前で撮影しました。ちょっと天気が良くなかったのですが、池にいたたくさんの鯉が打ち掛けをさらに華やかにしてくれました。

ホテル雅叙園のアクセス

  • 東京都目黒区下目黒1-8-1
  • 「目黒駅」(JR山手線西口、東急目黒線、地下鉄南北線・三田線)から行人坂を下って徒歩3分

池をメインにした涼しげなロケーションスポット 清澄庭園

泉水、築山、枯山水をメインとした回遊式林泉庭園。中島のある広い池を中心に、ツツジやサツキが植えられた「つつじ山」や、池の端を歩くことができる「磯渡り」などが有名で、多種多様なロケーションスポットを抱えています。園内には東京都選定歴史建造物に選ばれている数寄屋造りの建物「涼亭」などがあり、写真に趣を添えてくれます。

清澄庭園での和装前撮り

引用元:ウエディングストーリー公式
http://www.annes-garden.jp/weddingstory/gallery-kiyosumi/

「涼亭」をバックにしたワンシーン。池の中に浮かぶ建物はそれだけでもフォトジェニックで、印象的な一枚を撮影することができます。周囲は池に囲まれているので全体的な構図も広々としており、開放感満載です。

清澄庭園での和装前撮り

引用元:ウエディングストーリー公式
http://www.annes-garden.jp/weddingstory/gallery-kiyosumi/

こちらは磯渡りでの撮影。園内には池に沿って歩くことができる石造りの磯渡りが巡らしてあり、池に囲まれて撮影できます。磯渡りは複数のポイントにあるので、自分たちの好みのロケーションで撮影できるのが魅力。アングルを変えれば園内に咲き誇る花をフレームに入れることもできますよ。

清澄庭園での和装前撮り

引用元:ウエディングストーリー公式
http://www.annes-garden.jp/weddingstory/gallery-kiyosumi/

園内にはクロマツやサクラなどさまざまな木が植えられています。見上げるほどに高く成長している木もたくさんあり、まるで森林の中にいるような自然豊かな写真を撮ることも可能。時期によっては葉がうっすらと色づき、新緑の頃とはまた違った雰囲気を堪能することができます。

清澄庭園での和装前撮り

引用元:ウエディングストーリー公式
http://www.annes-garden.jp/weddingstory/gallery-kiyosumi/

このように紅葉をメインにしたロケーション撮影も行えます。赤や黄色に色づいた葉は自然美にあふれており、それだけで完成された背景として活用できます。地面には落ち葉が降り積もり、まるでじゅうたんのよう。上から下まで自然のカラーに包まれた写真は色鮮やかながら、柔らかな雰囲気を演出してくれること間違いなし。

清澄庭園での和装前撮り体験者からの口コミ

  • 石橋や竹林があって風情ある写真が撮れます。木の茂り加減も◎。和室での撮影も可能でしたよ。
  • 涼亭と池をメインに、かなり引いたアングルで撮影しました。風景にきれいに溶け込んだ写真は一番のお気に入り。水面には鏡のように反射したふたりの姿が映っていて、不思議で趣ある一枚に仕上がりました。

清澄庭園のアクセス

  • 東京都江東区清澄三丁目
  • 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅下車してから徒歩3分
 
PAGETOP▲