和装前撮り総合ガイド【東京版】

和装前撮り総合ガイド 東京版

東京で最高の瞬間をおさめよう!和装の前撮り撮影の手引き

東京装苑

離宮苑

[撮影料金]9,800円~

詳細はこちら

スタジオAQUA

スタジオAQUA

[撮影料金]7,000円~

詳細はこちら

ワタベウェディング

ワタベウェディング

[撮影料金]38,000円~

詳細はこちら

HOME » 和装前撮りの入門書~最高の瞬間をのこすために~ » 前撮りでは白無垢とドレスどちらを選ぶ?白無垢が1番人気の理由は

前撮りでは白無垢とドレスどちらを選ぶ?白無垢が1番人気の理由は

白無垢の花嫁さん結婚式の当日は何かと慌ただしく、「写真撮影どころじゃない!」という新郎新婦もいるはず。

そのため、最近は結婚式とは別の日に写真撮影を行う「前撮り」をする人が増えています。

前撮りは新郎新婦の一生の思い出となるものですから、白無垢とドレスのどちらを着るか、迷ってしまいますよね。

そんな方のために、白無垢とドレスどちらを選ぶべきか解説したいと思います。

前撮りで一番人気の衣装は「白無垢」!

白無垢の花嫁さん前撮りをした方のうち、70%以上の方が前撮りで着る衣装として「和装」を選んでいます。

中でも、新婦さんに一番人気の和装が「白無垢」です。 撮影で着る衣装は1着~2着という新婦さんが最も多く、人気の組み合わせは白無垢に色打掛(白以外のカラーを使った、上に羽織る着物)といったパターンです。

他には、黒引き(黒地に模様が入っている振袖)などを選ぶ方もいます。

それに対し、ウエディングドレスやカラードレスを着る新婦さんは全体の30%前後とされていますから、前撮りにおける和装の人気ぶりがわかりますね。

結婚式当日はドレスを着る新婦さんが多い

昔の結婚式では、新婦さんが着る衣装は白無垢や色打掛が一般的でしたが、近年は違う傾向にあります。最近の結婚式では「ウエディングドレス」や「カラードレス」などを着る新婦さんが多いのです。

お色直しでも、ドレスからドレスに着替えるパターンが一般化してきています。 結婚式当日はドレスを着るため、前撮りは白無垢で…という新婦さんが多いことがわかりますね。

準備に時間がかかる白無垢だからこそ、前撮りで着よう

白無垢の花嫁さんでは、準備にかかる時間は白無垢とドレス、どちらの方が短いのでしょうか?

ヘアメイクだけを見れば、白無垢もドレスも準備時間に大差はありません。

しかし、こと着替えに関しては、白無垢の方が準備時間は長くなります。しかも、お色直しで洋装から和装に着替えるとなると、最低でも40分はかかるでしょう。

逆に、洋装から洋装に着替える場合は、30分もあれば十分なケースがほとんどです。

結婚式における中座時間は短い方が理想的と考えられているため、「本当は白無垢を着たい」という気持ちを抑えつつ諦めている新婦さんも多くいらっしゃいます。

しかし、「前撮り」なら中座時間などを気にする必要はありません。「一度でいいから白無垢を着てみたい」と考えている新婦さんの場合、無理に結婚式のお色直しに加えず、前撮りで白無垢を着る方法がおすすめです。

前撮りで好きな衣装を着て一生の思い出に

前撮りでは結婚式や披露宴では着られない衣装で撮影できますし、慌ただしい中着替えやメイクを行う必要もありません。時間的にも精神的にも余裕を持った状態で撮影に臨むことができるのです。

前撮りにかかる費用は、撮影する場所やカット数、衣装の数などによって変動しますが、白無垢・ドレスいずれも5万~15万円が相場になっています。白無垢とドレスで費用が変動する心配はありません。

せっかくの機会です。新婦さんが本当に着たい衣装を選んで撮影してみてはいかがでしょうか?

 
PAGETOP▲