和装前撮り総合ガイド【東京版】

和装前撮り総合ガイド 東京版

東京で最高の瞬間をおさめよう!和装の前撮り撮影の手引き

東京装苑

離宮苑

[撮影料金]9,800円~

詳細はこちら

スタジオAQUA

スタジオAQUA

[撮影料金]7,000円~

詳細はこちら

ワタベウェディング

ワタベウェディング

[撮影料金]38,000円~

詳細はこちら

HOME » 和装前撮りの入門書~最高の瞬間をのこすために~ » かかる費用

かかる費用

結婚式の和装の前撮りにかかる費用は?東京の和装の料金相場などについてリサーチしました。

前撮りにかかる費用相場

東京の和装の前撮りの相場

  • 約14万円

和装の前撮りで人気の価格帯

  • 1位:6~10万円
  • 2位:11~20万円
  • 3位:5万円以下

スタジオでの和装の撮影の相場は、約14万円です。半数以上の花嫁2着以上を着て撮影するそうなので、全体の数字はパックプランより高めになっています。

最も多い価格帯が6~10万円で、そして5万円以内で済ませるカップルが4分の1もいます。一昔前の和装の前撮りといえば10万円以上は当たり前でしたが、スタジオが多様化してローコスト化が進んでいるようです。

オプションのチェックも忘れずに

またサービスプラン以外はオプションとなっている場合が多いため、必ずオプション料金を確認しておきましょう。

オプション例

  • 衣装の仮押さえ料
  • 衣装のグレードアップ
  • ヘアスタイルチェンジ料
  • かつら
  • 生花の使用
  • 新郎のヘアメイク
  • ヘアメイクリハーサル

髪飾り、つけまつげなどヘアメイク用の小物は自分で用意してもOKです。アップで撮影するカットもあるので、顔回りの小物は気に入った物で撮ってもらうのもよいでしょう。

スタジオ選びのポイント

先輩カップルたちがスタジオ選びで注目したポイントについても調査してみました。

プランの内容と価格
各スタジオにはお得なサービスプランが用意されています。プラン内容をチェックして、少しでもコストパフォーマンスのよいところを選ぶ堅実なカップルが増えています。

「結婚式場の提携先業者は高かったので、自分たちでネットで調べて探しました。手頃で口コミがよいスタジオを見つけてお願いしましたが、安くて大満足の仕上がりでした」
「セットプランの内容を調べて一番コストパフォーマンスが良いスタジオにしました。カメラマンさん1人、美容の方2名ついて半日貸切。合計予算内の7万円で済みました。写真のできも素晴らしかったです」

衣装のバリエーション
衣装の種類の多さも重要なチェックポイント。スタジオがレンタルドレス店を運営している場合はバリエーションが豊富なようです。

「レンタルドレスでも有名な店だったので、衣装選びに困りませんでした。和装は柄によって顔の印象が変わるので、なるべく多くの衣装があるスタジオがおすすめです」
「あえてカラフルな色打掛を選んで、年賀状の写真に使いました。たくさんの衣装があったので好みの柄を見つけることができました」

シチュエーションが選べる
スタジオ撮影だけでなく、ロケーション撮影ができるところも人気です。モデル気分で撮影する1日は特別な思い出にもなりそう。外での撮影が恥ずかしいカップルには、スタジオ内でロケーション撮影ができるところもあります。

「ロケーション撮影は自分達用、フォーマルなスタジオ写真は両親用と使い分けました」
「和装のロケーション撮影にこだわりたかったので、専門に行っているスタジオを探しました。思い通りの和の雰囲気たっぷりの写真を撮影してくれて大正解でした」

東京の和装前撮り相場

こちらでは、いくつかのスタジオで比較して出した相場から、和装の前撮りにかかる料金をご紹介します。

スタジオ撮影プラン料金

まずはスタジオ撮影の相場ですが、最安値が7,000円となりました。内容としては衣装とヘアメイク、着付け、小物一式が含まれていて、台紙1枚のアルバムとなります。

・和装スタジオの相場
7,000円~15,000円

ですがこちらは平日の場合の料金で、土日祝日は9,800~10,000円の追加料金が発生します。土日祝日の追加料金はどこのスタジオもほとんど差がありませんね。

・土日祝日追加料金
9,800円~10,000円

ロケーション撮影プラン料金

ロケーション撮影はスタジオと違って、様々なバリエーションがあるスタジオもあります。撮影する場所によっても料金は変わりますし、衣装の着数によっても変わります。また、撮影期間によって価格が変動するスタジオもありました。

・和装ロケーション撮影の相場
18,800円~108,800円

そのためかなり価格には幅がありますが、基本的な和装ロケーション撮影であれば、20,000円前後で撮影できるスタジオが多いようです。

プランに含まれている内容は、スタジオ撮影とほとんど同じです。ですが、スタジオによって出張料金や交通費は含まれていない場合もあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

衣装グレードアップのオプション料金

衣装はプランに含まれていますが、基本プランよりもグレードの高い衣装を着たい場合は、オプション料金が必要になります。

・和装グレードアップ料金
10,000円~100,000円

こちらもグレードによってオプション料金が変わるため、かなり幅がある結果となりました。基本プランのものよりも少しグレードの高い和装ならプラス10,000円、友禅や相良刺繍などの技術が施された和装であれば、プラス100,000円となります。

価格に幅はありますが、グレードアップ料金に差があるスタジオは、それだけ豊富な種類の衣装が揃っているということですね。

綿帽子と角隠しのオプション料金

綿帽子や角隠しなどをつけて撮影したい場合、和装用のかつらは別料金となるスタジオが多く見られました。ですが、和装かつらのオプション料金は、どこのスタジオも差がありません。

・和装かつら
9,800円~10,000円

綿帽子か角隠しがプランに含まれているというスタジオもありましたが、そのようなスタジオでは、プランの料金自体が少々高めに設定されています。

ロケーション撮影で最安値が59,800円でしたので、他のスタジオの基本プランで和装かつらのオプション料金をプラスした方が安いということになってしまいます。

最も安く前撮りできるスタジオは?

ここまで和装の前撮りにかかる費用をご紹介してきましたが、最も安く前撮りができるスタジオは、「スタジオAQUA」でしょう。

スタジオAQUAの基本プランの価格を、2位の東京装苑と3位のワタベウェディングで比較してみます。

スタジオAQUA 東京装苑 ワタベウェディング
スタジオ 価格 7,000円 9,800円 8,800円
カット数 100カット 100カット 8,800円
ロケーション 価格 19,800円 19,800円 18,800円
カット数 200カット 200カット 150カット

ロケーション撮影でスタジオAQUAよりもワタベウェディングの方が1,000円安いのですが、カット数を見てみるとスタジオAQUAの方が50カットも多く撮影してもらえます。さらに、プランの料金に出張料金も含まれています。

また、スタジオ撮影が一番安いのはスタジオAQUA。こうして価格とカット数を比較してみると、リーズナブルに和装前撮りを行うならスタジオAQUAがおすすめだと思います。

衣装の種類

和装は日本で昔から愛され続けている、花嫁さんのための衣装です。種類は白無垢・色打掛・引き振袖の3種類。その中から挙式のスタイルや希望などに合わせて決めていきます。前撮りの場合は1種類ではなく、2種類ぐらい着て写真を撮る、という人も多いです。

また、衣装に合わせて装飾品も考えなくてはいけません。この衣装にはこの装飾品、というように決め事もあるので、自由なスタイルというよりかは昔から受け継がれてきた伝統に従って決めていくことになるでしょう。

衣装の種類について詳しくはこちら>>

きれいな写真を残すコツ

撮影を楽しく終えても、仕上がりが希望通りにはならなかった…となってしまうのは避けたいところ。和装は衣装が似合う・似合わないもありますが、メイクや髪型といった全体的な雰囲気にもこだわりたいですね。白無垢なら、かつら、角隠しなどがいいですが、最近は洋風の髪型にして撮影する人も。写真として残った場合に自分はどれを希望するのかを考えてみてください。もちろん色打掛でも角隠しはできますし、かつらでもOK。

また、メイクも肌の色や衣装によって合う・合わないがあります。写真にしたときにどんな雰囲気に仕上がるのかをあらかじめ考えておくと、スムーズにヘアメイクも進みます。

さらに、撮影ではポーズも重要です。どんなポーズを撮りたいか、どんなポーズがきれいに見せられるかといったところも考えておけるといいですね。

きれいな写真を残すコツについて詳しくはこちら>>

前撮りでは白無垢とドレスどちらを選ぶ?白無垢が1番人気の理由は

前撮りで迷うのが、白無垢にするかドレスにするか…ですね。実は1番人気は白無垢。その理由は結婚式当日には着られないような衣装で写真を残したいから。前撮りだからこそ着られる衣装、と考えている人が多いですね。もちろんドレスも前撮りに最適ですが、式当日は着れないから…と白無垢を選ぶ人が増えています。

前撮りでは白無垢とドレスどちらを選ぶ?白無垢が1番人気の理由はについて詳しくはこちら>>

撮影前日までに準備しておきたいもの

撮影当日を万全な状態で迎えるためには、前日までにしっかりと準備をしておかなくてはいけません。当日になって慌てて用意する、なんてことがないように気を付けましょう。和装の場合は、赤い糸・和風ガーランド・番傘・扇子などが人気です。自分たちで決めた言葉を使いたくて、習字を書いて準備しておくというような前撮りをする人も多いです。

小物の貸し出しをしてくれるスタジオもあるので、その場合は用意する必要はありませんが、自分で希望する小物がある場合はちゃんと用意しておきましょう。

撮影前日までに準備しておきたいものについて詳しくはこちら>>
 
PAGETOP▲