和装前撮り総合ガイド【東京版】

和装前撮り総合ガイド 東京版

東京で最高の瞬間をおさめよう!和装の前撮り撮影の手引き

離宮苑

離宮苑

[撮影料金]9,800円~

詳細はこちら

スタジオAQUA

スタジオAQUA

[撮影料金]7,000円~

詳細はこちら

ワタベウェディング

ワタベウェディング

[撮影料金]38,000円~

詳細はこちら

HOME » 和装前撮りの入門書~最高の瞬間をのこすために~ » 衣装の種類

衣装の種類

色打掛や白無垢など、前撮りで人気の和装について紹介します。

基本は白無垢、色打掛、引き振袖の3スタイルです。神前での挙式の時に白無垢、披露宴で色打掛と室町時代から使い分けられてきました。

最近では江戸時代の武家の婚礼衣装である、黒の引き振袖も人気です。

前撮りでは色々な衣装を試せるので2~3種類の着物を着て撮影する人も多いそうですよ。

基本は3つのスタイル

  • 白無垢
    和装の婚礼衣装の中で最も格が高い白無垢。小物まで全て白で統一されており、邪気をはらい神聖な儀式に臨む姿を表現しています。
  • 色打掛
    赤や金など華やかな色打ち掛けは、室町時代から武家女性の礼装とされてきました。披露宴でのお色直しでよく選ばれます。
  • 引き振袖
    裾を引いた引き振袖は、江戸時代の武家の婚礼衣装。正式な式服なので挙式でも切ることができます。一番人気は黒地の引き振袖(黒引き)です。

知っておきたい和装の小物

様々な色や柄がある和装の小物。名前や使い方をマスターして、自分らしさを演出しましょう。

ヘアアクセサリー
組合せやデザインを変えることで印象ががらりと変わります。落ち着いた印象を与えるかんざし、花飾りが付いた華やかなつまみ細工かんざし、コサージュのように使えるお花飾り、モダンなラインストーンなど。ヘアスタイルや着物の雰囲気に合わせて選びましょう。

綿帽子
神前・仏前式をでは、「魔除け」の役割を果たす白い綿帽子をつけます。結婚式でしか身に着けることができないアイテムなので、前撮りでも人気だそうです。

角隠し
文金高島田の髪を飾る帯状の白い布です。挙式や披露宴で使用されます。明治時代以降、主に色打掛の挙式に用いられてきました。

懐剣(かいけん)
帯の左側に挿す布袋に入った短剣です。自分で自分の身を守るためにという意味が込められています。

末広(すえひろ)
新郎新婦が持つ扇子。打掛の時に使用します。末広がりに幸せになるようにという願いが込められています。

 
PAGETOP▲