和装前撮り総合ガイド【東京版】

和装前撮り総合ガイド 東京版

東京で最高の瞬間をおさめよう!和装の前撮り撮影の手引き

東京装苑

離宮苑

[撮影料金]9,800円~

詳細はこちら

スタジオAQUA

スタジオAQUA

[撮影料金]7,000円~

詳細はこちら

ワタベウェディング

ワタベウェディング

[撮影料金]38,000円~

詳細はこちら

HOME » 和装前撮りの入門書~最高の瞬間をのこすために~ » 衣装の種類

衣装の種類

色打掛や白無垢など、前撮りで人気の和装について紹介します。

基本は白無垢、色打掛、引き振袖の3スタイルです。神前での挙式の時に白無垢、披露宴で色打掛と室町時代から使い分けられてきました。

最近では江戸時代の武家の婚礼衣装である、黒の引き振袖も人気です。

前撮りでは色々な衣装を試せるので2~3種類の着物を着て撮影する人も多いそうですよ。

基本は3つのスタイル

  • 白無垢
    和装の婚礼衣装の中で最も格が高い白無垢。小物まで全て白で統一されており、邪気をはらい神聖な儀式に臨む姿を表現しています。
  • 色打掛
    赤や金など華やかな色打ち掛けは、室町時代から武家女性の礼装とされてきました。披露宴でのお色直しでよく選ばれます。
  • 引き振袖
    裾を引いた引き振袖は、江戸時代の武家の婚礼衣装。正式な式服なので挙式でも切ることができます。一番人気は黒地の引き振袖(黒引き)です。

知っておきたい和装の小物

様々な色や柄がある和装の小物。名前や使い方をマスターして、自分らしさを演出しましょう。

ヘアアクセサリー
組合せやデザインを変えることで印象ががらりと変わります。落ち着いた印象を与えるかんざし、花飾りが付いた華やかなつまみ細工かんざし、コサージュのように使えるお花飾り、モダンなラインストーンなど。ヘアスタイルや着物の雰囲気に合わせて選びましょう。

綿帽子
神前・仏前式をでは、「魔除け」の役割を果たす白い綿帽子をつけます。結婚式でしか身に着けることができないアイテムなので、前撮りでも人気だそうです。

角隠し
文金高島田の髪を飾る帯状の白い布です。挙式や披露宴で使用されます。明治時代以降、主に色打掛の挙式に用いられてきました。

懐剣(かいけん)
帯の左側に挿す布袋に入った短剣です。自分で自分の身を守るためにという意味が込められています。

末広(すえひろ)
新郎新婦が持つ扇子。打掛の時に使用します。末広がりに幸せになるようにという願いが込められています。

帯締め
帯締めは着物の小物の中では最も重要と言われているぐらい、仕上がりを左右するものです。帯の中央に際立つ存在なので、せっかくの和装も帯揚げ次第ではあまり良くないと感じられてしまいます。一番センスが光るポイントでもあるので、小さいからどれでもいいと思わずにこだわって選んでおきたいですね。着用する和装とのバランスもちゃんと意識しましょう。

特に大事なのは色の組み合わせ。上品にしたい場合は、着物と同系色。もしくは帯と同系色ですね。ただし、ちょっと無難すぎるなとか、和装での前撮りだからもう少し華やかにしたいな、という希望があれば色をアレンジして目立たせることもできます。

また形状も2種類あり、組紐と呼ばれる一般的なものと、丸ぐけと呼ばれる布で綿をくるんだものとがあります。一般的に丸ぐけはカジュアルで普段着として使う着物の帯締めなので、花嫁さんらしい帯締めを選んでくださいね。

帯揚げ
帯揚げは帯を結んだ際に見えてしまう紐や枕などを隠すために使われるのですが、着物を華やかにするための目的もあります。花嫁さん用としては、とても華やかなものが好まれます。総絞りのものは華やかで格式も高く、和装の前撮りにはぴったりといえるでしょう。

実は帯揚げには、子宝に恵まれますように、というような意味が込められています。

抱え帯
和装の時に裾をたくし上げた際に用いる帯です。和装の帯の下に添えて締めるものになっているので、和装のアクセントにもなります。抱え帯は普段着として使う着物ではあまり使うことがなく、晴れ着の時だけに使う装飾です。こちらも帯締めや帯揚げなどと同様に色の組み合わせなどを考えながら決めるといいでしょう。

草履
足元を彩る草履は、ある程度色が決められていることがほとんどです。白無垢の場合は白ですし、色打掛を選んだ場合は金となっています。白か金どちらかが主流なので、色で迷うということはほとんどありません。ただし、この和装にはこれ、と決まりとしてあるわけではないので、お気に入りの草履がある場合はそれを使うこともできるでしょう。

撮影で使うだけなので歩きやすさはそれほど重要ではないかもしれませんが、写真になった時に足元だけ浮いてしまわないように、そしてせっかくの着物を美しく見せるために、おとなしめの色が好まれます。

半襟
着物の内側に着用する長襦袢に縫い付けるもので、襟元から見えるため顔周りの映りを左右する小物といえます。昔は半襟といえば、汚れを防止するためのものとして用いられてきました。でも今は汚れ防止という意味も残しつつ、アクセントやおしゃれとして用いることが多いです。同じ着物でも半襟を変えるだけで雰囲気がガラっと変わる、ということもあって、いろいろなコーディネートを楽しんでいる人も増えました。花嫁としても、半襟で顔映りよくなったりすればうれしいはず。

基本的には季節ごとに合った刺繍がされているものを選ぶのですが、もちろん季節を問わないものも多いです。より顔映りを良くしてくれるものを探してくださいね。

はこせこ
漢字では「筥迫」と書きますが、着物の胸元に差し込まれる小物です。いわゆる化粧ポーチのようなものというとわかりやすいでしょうか。江戸時代には、化粧道具などを入れて使われてきました。ちょっとした時に必要となる荷物を入れるもの、と考えてしまうとそれほど重要ではないように感じるかもしれませんが、実はとても深い意味が。それは、「夫以外の男性には染まりません」という花嫁の強い意志。和装での前撮りでも小物として用意しておきましょう。これからの2人の愛を固いものにするためにも、はこせこは重要です。

 
PAGETOP▲