和装前撮り総合ガイド【東京版】

和装前撮り総合ガイド 東京版

東京で最高の瞬間をおさめよう!和装の前撮り撮影の手引き

東京装苑

離宮苑

[撮影料金]9,800円~

詳細はこちら

スタジオAQUA

スタジオAQUA

[撮影料金]7,000円~

詳細はこちら

ワタベウェディング

ワタベウェディング

[撮影料金]38,000円~

詳細はこちら

HOME » 和装前撮りの入門書~最高の瞬間をのこすために~

和装前撮りの入門書~最高の瞬間をのこすために~

ここでは和装の前撮りの基礎知識や撮影のポイントなど紹介します。

和装の前撮りの魅力とは

「結婚式はドレスを着たい、でも和装も着てみたい」

「結婚式はしないけど、写真に残して祖父母に見せたい」

披露宴で着物を着ることが少なくなってきた今、カップルの間で人和装の前撮りの人気が急上昇しています。

結婚式より前に、専門のスタジオで撮影する前撮りは時間に追われない、色々な衣装で撮影できる、式当日にウェルカムボードやムービーで写真を見せることができるなどメリットがたくさんあります。

和装の前撮りのメリット

お色直しがスムーズ
和装のお色直しは実は時間がとてもかかります。ドレスからドレスのお色直しは5~10分ほどですが、ドレスから和装だと30分かかることも。
また和装と洋装はヘアスタイルも違うので、衣装を楽しむ間もなくドタバタしてしまいます。
和装は前撮りしておくと、式当日もゆとりをもって楽しむことができます。

モデル気分にひたれる
前撮りはスタジオだけでなく、庭園や海辺など外に出て行うロケーション撮影も。さらに、雑誌の背景のようなおしゃれな雰囲気の中で撮影できるハウススタジオもあります。
普段はできないようなポーズやシチュエーションをプロが演出してくれるので、まるでモデル気分。特別な思い出としても残ります。

時間をかけて撮影できる
結婚式当日は時間厳守でバタバタするので、せっかく選んだ着物やドレスもあっという間に脱がなければいけません。
その点前撮りなら、ゆっくり時間をかけて撮影できるので、和装の雰囲気をじっくり楽しめます。
そしてたくさんのシチュエーションで撮影できるので、お気に入りの1枚が見つかりやすいというメリットもあります。

挙式当日に着られない衣装が着られる
当日に和装を着ないカップルは前撮りで写真に残すことができます
。和装と一口で言っても、打掛や白無垢、引き振袖など色々な種類があるので色々なバージョンを撮影できるのも魅力ですね。
「和装を見たい」という両親や祖父母のために前撮りをする方も少なくないそうです。

美しいポーズをプロがサポート
写真はポージングが命です。特に和装は歩き方や目線などの差で写真の印象が大きく変わります。
プロのカメラマンが一番美しく見えるシルエットを演出してくれるので安心です。

和装の前撮り写真の活用術

式当日のグッズ
前撮り写真のデータがあると、ウェルカムボードやムービーなどにも活用できます。事情があって式に参列できない祖父母に和装の写真を送ったら、とても喜ばれたとの話を聞いたこともあります。
ちなみに私は席次表と参列者に見せたアルバムに、前撮りの写真を使いましたが大変好評でした^^

アルバムなどにのこす
撮影スタジオでは1~3カットの台紙タイプのもの、写真集のように楽しめるアルバムやフォトブックなど様々なメニューが用意されています。
夫婦や家族で思い出の写真を楽しむために、アルバムなどにして残すのもおすすめです。デジタルデータで持っておくと、結婚報告ハガキや年賀状にも使えますよ。

 
PAGETOP▲