和装前撮り総合ガイド【東京版】

和装前撮り総合ガイド 東京版

東京で最高の瞬間をおさめよう!和装の前撮り撮影の手引き

東京装苑

離宮苑

[撮影料金]9,800円~

詳細はこちら

スタジオAQUA

スタジオAQUA

[撮影料金]7,000円~

詳細はこちら

ワタベウェディング

ワタベウェディング

[撮影料金]38,000円~

詳細はこちら

HOME » 結婚式の思い出をもっと作ろう!和装の前撮り写真素敵ギャラリー » 季節感を出して華やかさアップ!四季の前撮りロケーション撮影

季節感を出して華やかさアップ!四季の前撮りロケーション撮影

春の花と色打掛など、季節感たっぷりの前撮りロケーション撮影の作品集です。

和装が映える。季節のロケーション前撮りギャラリー

春の前撮りロケーション

桜、桃、梅…着物の柄を写し取ったような、満開の花が咲き誇る春は、花と一緒に撮影するのがおすすめ。和装の華やかさがアップする季節です。

スタジオアークフォト

引用元:スタジオアーク公式
http://www.arc-web.com/wedding/locationphotos/tokyo.html

なんだか陽気な気分になる春は、2人が思いっきり笑顔の1枚を撮るのがおすすめです。下からのアングルで撮影することで、真正面から撮影するときよりも広々とした印象に。花と青空という清々しい組み合わせが、2人を祝福しているかのようです。写真を見返したときに思わず笑顔になるような1枚を残すことで、思い出がより一層素敵なものとなるでしょう。

スタジオAQUAフォト

引用元:スタジオAQUA公式
https://www.studio-aqua.jp/location/waso/

色鮮やかで明るいイメージの写真を撮るのも良いですが、美しい木々や花がある自然とともに情緒ある写真を撮るのはいかがでしょうか。古き良き日本を表したような自然と色打掛がマッチし、より深みのある雰囲気に。「周りとちょっと違う写真が撮りたい」というカップルは、日本の心を象徴したようなロケーションを選んでみるのもおすすめです。

ワタナベウエディングフォト

引用元:ワタナベウエディング公式
https://www.watabe-wedding.co.jp/photo/search/gallery.html?page=5&cat=2

2人が同じ未来へと歩み始める春。青々とした新緑と、可愛らしいピンクと白のお花が祝福してるかのような1枚です。ぱっと明るい印象の写真を撮りたい人は色鮮やかな色打掛を着て、自然豊かなロケーションで撮るのがおすすめ。そこにいるだけでウキウキするような緑や花に、思わず自然な笑みがこぼれるでしょう。

ワタナベウエディングフォト

引用元:ワタナベウエディング公式
https://www.watabe-wedding.co.jp/photo/search/gallery.html?page=5&cat=2

純白の白無垢に梅の花。思わずハッとなるような美しい1枚です。夫婦2人で撮影したあとは、一生に一度の大切な思い出に花嫁だけのアップ写真を撮るのも忘れずに。春のやさしい日差しが照明代わりになり、花嫁の美しさを引き立てます。主役となる写真だからこそ、シチュエーションやロケーションにこだわった1枚を撮ってくださいね。

東京装苑フォト

引用元:東京装苑公式
http://www.tokyosouen.com/hamarikyu_gallery.html

まるでおとぎ話のお花畑の中にいるような気分にさせてくれる1枚。普段はなかなか写真に写せないアングルだからこそ、前撮りで撮るのは良いですね。心が穏やかになる自然の中での撮影なので、お2人の自然な笑顔を引き出すことができます。かしこまった写真ではなく、やわらかいカジュアルな写真を撮りたい方におすすめです。

華雅苑フォト

引用元:華雅苑公式
http://www.kagaenn.com/shop/higashinakano/

女性の可愛らしさを最大限に引き出したような写真です。色打掛の赤と梅のピンクが、写真全体を鮮やかに彩っています。1人で写るのは照れてしまうかもしれませんが、その少し照れた笑顔がまた素敵。カメラマンがやさしくポーズを提案してくれるので、安心して撮影できますよ。2人の写真を撮ったあとは、四季の美しさがわかる風景で花嫁だけのアップ写真を撮ってみてはいかがでしょうか

夏の前撮りロケーション

新緑の美しい夏は凛とした写真を撮りたい人におすすめ。
夏らしい力強い光線と鮮やかな花々の中でで撮る写真は、和装姿を際立たせます。

スタジオAQUAフォト

引用元:スタジオAQUA公式
https://www.studio-aqua.jp/location/waso/

和情緒が豊かなロケーションで2人のラブラブな写真を撮ってみるのはいかがでしょうか? 壮大で果てしなく広がるような夏の自然に囲まれながらの撮影は、心が落ち着き愛らしい表情の1枚が取れるでしょう。緑や花を取り入れた美しい構成は、カメラマンの腕次第。スタジオではなく、ロケーションだからこそ撮れる1ショットは数年経って見返したときも2人を笑顔にしてくれますよ。

スタジオAQUAフォト

引用元:スタジオAQUA公式
https://www.studio-aqua.jp/location/waso/

伝統と拡張高さに囲まれた場所での撮影は、他にはないとっておきの1枚になること間違いなし。歴史を感じさせる竹とともに2人の向かい合った姿が映る構成はカメラマンのセンスが物を言います。思わず心が震えるような美しい日本の自然の中での撮影は、より一層2人の愛を深めてくれますよ。竹の隙間から見える夏の太陽の光が雰囲気を引き立たせています。

東京装苑フォト

引用元:東京装苑公式
http://www.tokyosouen.com/shiba_gallery.html

お2人の歴史を重ねる大切な瞬間を撮るのにふさわしいロケーション。上品な紫色の花とその花を映し出す池が印象的です。緑、花、水を取り入れた写真によって、夏でも涼しげな印象を与えてくれます。お花の奥に見えるほほえましい2人を自然がより一層引き立ててくれますよ。日本ならではの景色とともに写真を撮りたいという方におすすめです。

東京装苑フォト

引用元:東京装苑公式
http://www.tokyosouen.com/hamarikyu_gallery.html

可愛らしい小さな花が集まり、丸いフォルムを作り出している紫陽花。6月頃になると花を咲かす夏の花です。そんな可愛らしくとも元気な紫陽花とともに移す写真はやはり別格。白無垢姿の花嫁が中央に立つことで、写真の印象が変わり上品かつ個性的な印象になります。アングル次第で大きく雰囲気が変わる写真だからこそ、こだわりたいですよね。

華雅苑フォト

引用元:華雅苑公式
http://www.kagaenn.com/shop/higashinakano/

格式高い神社で撮影された1枚です。日本の伝統を大切にし、写真として残したいという方におすすめ。シンプルな白無垢だからこそ、歴史ある神社の雰囲気や緑がより一層映えます。2人が手を取り合ってこれからの未来を歩み始める姿は数年後に見返したときでもあたたかい気持ちにさせてくれるでしょう。

スタジオアークフォト

引用元:スタジオアーク公式
http://www.arc-web.com/wedding/locationphotos/tokyo.html

ポーズを決めて撮影する写真とは違い、どこか落ち着くような自然体でやさしい写真です。「いつも通りの2人の姿を映して欲しい」「ラフな撮影がしたい」という方は温かみのある神社での撮影がおすすめ。子どもの頃に戻り、夏を満喫しているかのような風景は見るたびに癒されます。女性らしい薄ピンク色の色打掛もポイントです。

秋の前撮りロケーション

紅葉の美しい秋は、真っ赤に色づいた葉に溶け込みそうな、赤い色打掛が似合います。
運が良ければ、冬の雪と紅葉のコラボレーションもできるかも。

スタジオAQUAフォト

引用元:スタジオAQUA公式
https://www.studio-aqua.jp/location/waso/

一生に1度の写真撮影だからこそ、見るたびに嬉しい気持ちになる写真を撮りたいですよね。色鮮やかな季節な花々と一緒に撮る写真は、撮影時はもちろん写真を見返したときもきっとハッピーにしてくれます。自然の花を使った撮影は、色打掛はもちろんドレスにも彩を添えるアクセントに。2人の素敵な笑顔を花がますます素敵に彩ってくれるでしょう。

スタジオAQUAフォト

引用元:スタジオAQUA公式
https://www.studio-aqua.jp/location/waso/

思わずため息がでてしまいそうなほど美しい1枚。日本の四季を表すオレンジ色の紅葉が、女性の 美しさを強調しています。華やかな柄の色打掛だからこそ、全身が映らずとも主張しているのがポイントです。アップ撮影は全身よりもヘアスタイルにこだわりたいものですよね。お気に入りのヘアアレンジとアクセサリーを選んで、より納得のいく写真にしてくださいね。

スタジオAQUAフォト

引用元:スタジオAQUA公式
https://www.studio-aqua.jp/location/waso/

秋が深まった頃の味わい深い紅葉とともに撮影すると、情緒豊かな写真が撮れます。四季のはっきりとした日本だからこそできる貴重な写真です。正面から撮影するのももちろん良いですが、2人の後ろ姿を映したこちらの写真はなんだかほっこりした気持ちにさせてくれます。なかなか見ることのないアングルからの写真は他と差をつけられるでしょう。

ワタナベウエディングフォト

引用元:ワタナベウエディング公式
https://www.watabe-wedding.co.jp/photo/search/gallery.html?page=1&cat=2

あえてふたりの足元だけをカットした写真。赤から黄色に変わった紅葉が積もっている中、女性が少し背伸びしているのが何とも言えない可愛さを表しています。通常前撮りはふたりの写真あるいは女性のアップが一般的です。しかし、あえて足元だけを切り取ることでより奥ゆかしさを感じさせる写真に仕上がっています。正面からの撮影と合わせて、少し変わった写真も残したいカップルにおすすめです。

ワタナベウエディングフォト

引用元:ワタナベウエディング公式
https://www.watabe-wedding.co.jp/photo/search/gallery.html?page=1&cat=2

あえて横から撮影することによって、カップルと周りの景色がマッチしてより美しい写真に出来上がります。秋を象徴するもみじとススキをレンズに入れることで、温かい秋に撮影したことがわかるのがポイント。何時まで経っても色あせることのない日本の伝統美を取り入れることによって、時が経っても美しい写真であり続けるでしょう。

東京装苑フォト

引用元:東京装苑公式
http://www.tokyosouen.com/shiba_gallery.html

紅葉の並木道で撮影した1枚。お2人の背景一面に広がる紅葉が、四季の豊かさを感じさせます。人間には作ることのできない自然の美しさとともに撮影することで、自然と心が一体化したような気持ちに。真っ赤な色打掛が上手く紅葉と調和し、女性本来の美しさを引き立たせています。紅葉を取り入れた写真を撮りたいという方は自分達の雰囲気にピッタリのロケーションを探してみると良いでしょう。

おすすめの時期や撮影スポット

華雅苑フォト

引用元:華雅苑公式
http://www.kagaenn.com/shop/asakusabashi/

撮影するのにおすすめの時期は、2人の結婚を祝うかのような美しい花が咲き誇る春。

可愛らしい桜やビビットな桃の花、爽やかな春にぴったりな菜の花など美しい花々と撮影できます。また、秋は心を揺さぶるほど綺麗な紅葉と撮影することも。情緒豊かな日本だからこそできるロケーションです。

浜離宮恩賜庭園は、春になると菜の花で埋め尽くされ幻想的な光景に出会えます。六義園は4月~5月頃になると色鮮やかなつつじの花が咲き誇ります。色打掛や白無垢といった和装に似合うつつじは、撮影スポットとしても人気です。

華雅苑フォト

引用元:華雅苑公式
http://www.kagaenn.com/shop/asakusabashi/

つつじとともに枝垂桜が有名な六義園。やわらかいピンク色をした枝垂桜が一面に広がっており、撮影スポットとしても最適です。また、隅田川や旧芝離宮恩師庭園も桜が開花しており、美しい風景が味わえます。紅葉と撮りたいなら、紅葉が綺麗な神社で撮影することで、より日本らしい自然な風景で撮影できるでしょう。都会のオアシスと呼ばれている日比谷公園は手軽に撮影でき、かつ四季の花々が咲き誇るおすすめスポットです。

夏に撮影したいカップルは白い砂浜とコバルトブルーの海辺のロケーションフォトがおすすめ!特に葛飾海浜公園や潮風公園、レインボーブリッジはアクセス抜群で夏場のロケーションとして活躍します。

季節感を出せる東京の撮影スポット

清澄庭園

大きな池を巡る回遊式林泉庭園で、東京都指定名勝にも指定されています。悠々と泳ぐ鯉を眺める深緑色の池、園内に配置された全国各地の名石、ツツジやサツキの咲く「つづじ山」などが撮影ポイント。春には八重桜も見られます。

  • 住所:東京都 江東区清澄三丁目
  • 最寄駅:都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」から徒歩3分、東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」から徒歩3分

日比谷公園

「大噴水」「噴水広場」、「心字池」や「雲形池」「イチョウ並木」が撮影ポイント。大噴水は夜9時まで稼働しているので夜間照明に照らされた噴水の撮影も挑戦してみると良いでしょう。雲形池の春の桜、秋から冬にかけての紅葉黄葉もおすすめです。

  • 住所:東京都千代田区日比谷公園
  • 最寄駅:東京メトロ丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関」からすぐ、東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」からすぐ、都営地下鉄三田線「日比谷」からすぐ、JR「有楽町」から徒歩8分

小石川後楽園

琵琶湖をモチーフにした景観の「大泉水」、水面に映った様子が満月のように見える石橋「円月橋」、昔の姿をそのまま残す「内庭」など広い敷地内には多くの景物があります。撮影時期は、それらを囲む木々が色づく秋ごろからがおすすめ。春には推定樹齢60年を超すしだれ桜も。

  • 住所:東京都文京区後楽一丁目
  • 最寄駅:都営大江戸線「飯田橋」から徒歩2分、JR中央・総武緩行線「飯田橋」東口から徒歩8分

葛西海浜公園

西なぎさと東なぎさの二つの広い砂浜をもつ海浜公園。大観覧車のある芝生広場は、水仙や菜の花、コスモスが。園内入り口の噴水や敷地面積の半分を占める鳥類園では、ぜひ望遠レンズを試してみてほしい。東京湾に沈む夕日は絶好の撮影タイミング。

  • 住所:東京都江戸川区臨海町六丁目地先
  • 最寄駅:JR京葉線「葛西臨海公園駅」から徒歩7分、水上バス 両国・お台場海浜公園から葛西臨海公園

隅田川

墨田川大橋、清州橋、両国橋、勝鬨橋、豊海橋、中央大橋など数多くの橋梁と、河川敷の石川島公園、はとば公園、永代公園、などが撮影スポット。夕日や夜景が鑑賞できる時間帯がおすすめ。隅田川花火大会では、いくつもの光が皮の水面を飾ります。

  • 住所:東京都北区、足立区、中央区、荒川区、江東区、台東区
  • 隅田川花火大会への最寄駅:第一会場 東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」から徒歩15分、第二会場 都営地下鉄「蔵前駅」から徒歩5分

お台場海浜公園

レインボーブリッジや東京タワーがパノラマで撮影できる人気スポット。昼の顔と夕刻の顔、そして夜の顔は、それぞれまた別の景色を見せてくれます。おすすめは、レインボーブリッジのライトが輝く夕刻から。夏と冬でライトアップのパターンが変わります。

  • 住所:東京都港区台場1丁目
  • 最寄駅:新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」「台場駅」から徒歩4分、りんかい線「東京テレポート」から徒歩7分

潮風公園

お台場海浜公園に隣接する潮風公園は、レインボーブリッジをゆっくり眺められる穴場スポット。お台場方面のきらびやかな夜景と、八潮方面の静かな夜景、ギャップのある雰囲気を同時に楽しめます。芝生の色が濃くなる夏の季節がおすすめ。

  • 住所:東京都品川区東八潮
  • 最寄駅:ゆりかもめ「台場」「船の科学館」から徒歩5分、りんかい線「東京テレポート」から徒歩10分

京王フローラルガーデン

5月には「新雪」「キャラメルアンティーク」「ロサ・ダマスケナー」「チャールストン」などのバラが。7月には大型の室内ゲージにヘイケボタルを乱舞させるイベントなども人気の植物園。ドラマやCMのロケ地としても知られています。

  • 住所:東京都調布市多摩川4-38
  • 最寄駅:京王線「京王多摩川駅」からすぐ、京王バス「京王多摩川駅」バス停前

夢の島公園

都内有数の星空観賞スポット。星空撮影としても人気です。ユーカリ、アキニレ、クスノキ、フサアカシアなどの樹木が数多く植えられており、敷地内の5万平方メートルは芝生。緑濃い夏の季節がオススメ。

  • 住所:東京都江東区夢の島
  • 最寄駅:東京メトロ有楽町線・JR京葉線・東京臨海高速鉄道りんかい線「新木場駅」から徒歩2分

代々木公園

東京ドームの約11個分という広い敷地に、多くの樹木や芝生広場、噴水がある都会のオアシス。代々木公園と言えば桜です。シーズン中は多くの人たちが訪れているので、桜だけを撮影するのは難しいかもしれませんが、花見風景としての撮影ならここです。

  • 住所:東京都渋谷区保々儀神園町・神南2丁目
  • 最寄駅:山手線「原宿駅」から徒歩3分、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」から徒歩3分

旧芝離宮恩賜庭園

オフィスビルに囲まれた自然豊かな回遊式庭園。桜やフジ、ぼたんなど四季折々の花達が景色を彩ります。ウェディングドレスを着た花嫁の姿も見られ、都会から近い撮影スポットとしても人気。おすすめは桜やフジが咲く4月。

  • 住所:東京都港区海岸1丁目
  • 最寄駅:山手線「浜松町駅」からすぐ、大江戸線・浅草線「大門駅」から徒歩1分、ゆりかもめ「竹芝駅」からすぐ

六義園

3月下旬のしだれ桜、11月下旬の紅葉が撮影のおすすめ時期。また、田鶴橋や水香江などがライトアップされる夜の庭園も人気です。初夏は緑が色濃く映え、大雪ともなれば白と黒だけの水墨画のような景色に。

  • 住所:東京都文京区本駒込6丁目
  • 最寄駅:山手線「駒込駅」南口から徒歩7分、東京メトロ南北線「駒込駅」2番から徒歩7分

浜離宮恩賜庭園

広い庭園に潮入の池、鴨場、復元された茶屋、300年の松など。2月には水仙や梅の開花が、ボタン園では60種のボタン、花畑には菜の花や秋桜など、四季折々の花々を見ることができます。おすすめは、多様な桜が見ごろを迎える4月ごろ。

  • 住所:東京都中央区浜離宮庭園
  • 最寄駅:大手門口 都営地下鉄大江戸線「築地市場」「汐留」・ゆりかもめ「汐留」から徒歩7分、中の御門口 都営地下鉄大江戸線「汐留」から徒歩5分

 
PAGETOP▲